超音波吸引とは

古くからある脂肪吸引法にあって、その代表格といえば超音波吸引法でしょう。超音波吸引法には大きく分けて2つの方式があると言われています。

これならできる! ちょこっとガマン、ちょこっと運動で「減らせ内臓脂肪」|大塚製薬

体内式超音波脂肪吸引法は、第一世代超音波吸引とも言われます。施術は特殊な医療器具を体内に入れ、その先端から超音波を発生させて脂肪細胞を直接破壊します。破壊された脂肪細胞は、やはり同じ医療器具に先端から流れ出るイリュゲーション水という生理的食塩水と混ざり合い、より流動的になります。これを同じ器具で吸い上げ、器具内部の管を通って体外に排出するというのがおおまかな流れとなります。ひとつの医療器具によって、脂肪細胞を破砕、浮化、吸引することができる施術方法であり、超音波振動によって影響を受けるのが脆弱組織のみであるため、例えば付近にある血管組織や神経組織などの弾力性を持ち合わせる部位にダメージを与えることはありません。外部から体内へ器具を挿入する点は外科手術的でありながら、そのダメージを最初限度に抑えられる点が評価され、多くのクリニックで導入されました。皮下脂肪の7割以上を除去することも可能ですが、反面、術後に内部組織の炎症などが起き、しかもそれが通常の外傷よりも治癒するのが遅いといった危険性もはらんでいます。



体外式超音波脂肪吸引法は、第二世代超音波吸引と呼ばれています。こちらは外部、具体的には皮膚の表面から超音波を照射することにより、皮下にある脂肪細胞を柔らかく変質させていく美容治療方法です。流動化した脂肪細胞はカニューレという管状に器具を用いて吸い上げ体外へ除去されます。体外から挿入されるのは細い管状の器具であるカニューレだけのため、体内式の方法に比べて違和感や負担が少なくて済むという特徴があります。また従来は、超音波発生装置そのものを体内に挿入することが必要だった治療法に比べ、施術部位や内部組織への影響が小さく、また施術後の炎症なども起こりにくいというメリットがありますが、反面、外部から照射される超音波は比較的高出力となってしまい、それを脂肪そのものではなく皮膚表面に超音波を照射するため、表皮の火傷に対するケアが重要となってくる点において、より高い難易度の施術であるといえるのかも知れません。

生活習慣病ガイド|肥満:内臓脂肪型肥満に気をつけよう|オムロン ヘルスケア

超音波は現在話題の高周波の一種であり、それの美容医学的利用は古くからありました。体外式であれ体内式であれ、脂肪の超音波吸引とは、まさに古くて新しい技術なのです。